1. HOME
  2. ブログ
  3. 働き方改革
  4. 働き方改革とは

BLOG

ブログ

働き方改革

働き方改革とは

2019年4月より働き方改革関連法案の一部が施工され、「働き方改革」は大企業のみならず中小企業にとっても大きな経営課題の一つとなりました。

現在では新型コロナウイルスの影響もあり、さらに「働き方」の見直しが必要となってきています。

今回は「働き方改革」について紹介していきます。

政府が推進する働き方改革

厚生労働省が推進する働き方改革とは「働く人たちが個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方を自分で『選択』できるようにするための改革」です。

少子高齢化に伴う労働年齢人口の減少や働き手のニーズの多様化など多くの課題があります。

職場環境の改善など「魅力ある職場づくり」を行うことで人材不足解消につながる効果も期待されています。

人材不足が解消されることで、業績の向上や生産性向上など会社全体にとっていい効果が期待でき、「働き方改革」を取り入れることは企業にとって欠かせないこととなってきました。

厚生労働省では、働き方改革として以下の7つの具体的な取り組みをあげています。

  • 長時間労働の是正
  • 非正規雇用の待遇差改善
  • 柔軟な働き方ができる環境づくり
  • ダイバーシティの推進
  • 賃金引上げと労働生産性向上
  • 再就職支援と人材育成
  • ハラスメント防止対策

時間外労働を減らす取り組みや、非正規雇用など様々な働き方を増やしていくことなど、働き手が「自分らしい働き方」を見つけ、魅力のある職場で働くことで労働生産性向上が社会全体で行われることが期待されています。

中小企業にこそ働き方改革が必要

現在日本国内雇用の約7割を中小企業・小規模事業者で担っています。

日本全体の労働生産性向上において、中小企業・小規模事業者の発展は欠かせないものとなっています。

ただ中小企業・小規模事業者の現状は人材不足が強く、長時間労働が多く起こっている現状があり、「魅力ある職場づくり」からは遠くかけ離れてしまっています。

2020年4月からは中小企業にも働き方改革関連法で時間外労働の上限規則の導入が義務化されるようになりました。

中小企業が今後労働時間削減、業務生産性向上を目指すためには何が必要なのでしょうか。

労働環境を整え、人材不足を解消することが最も必要なのですが、少子高齢化で労働人口が減少している今、簡単に人材が補える訳ではありません。

人手を増やしたとしても、教育をするのに時間がかかってしまうという難点もあります。

そこで中小企業こそ、新たな働き手「デジタルレイバー」を導入する必要性が今後高まってきます。

「デジタルレイバー」は365日24時間フルで稼働することが可能です。

また、ミスをすることもなく、業務生産性向上も見込むことができます。

もちろん導入にはコストや時間がかかってしまいますが、「デジタルレイバー」にはそれ以上の生産性が期待できます。 「働き方改革」を行う上で、「デジタルレイバー」は働き手にとっても企業にとっても今後ますます欠かせない存在となりそうです。

参考サイト

厚生労働省(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000148322.html)

厚生労働省働き方改革特設サイト
(https://www.mhlw.go.jp/hatarakikata/)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Warning: Undefined variable $user_ID in /home/kir893489/public_html/wp-content/themes/nano_tcd065/comments.php on line 98

関連記事