1. HOME
  2. ブログ
  3. 働き方改革
  4. HRテック

BLOG

ブログ

働き方改革

HRテック

HRテックとは

HRテックとはHuman Resource×Technologyを意味する造語です。

クラウドやビックデータ解析、AIなどの最先端のIT関連技術を使って採用・育成・評価・配置などの人事関連業務を行う手法です。

生産性向上や組織・人事戦略立案そして育成などの分野においてはテクノロジー活用が必要であるという回答も多いようで、HRテックへの期待は高まりつつあります。

企業人事はIT化やシステム化が進んでいる企業の中でもIT化から取り残されている最後の領域でした。

これは人を扱っているため、定量的に測定したり機械的に管理したりすることが困難なためです。

日本でのHRテック

日本のHRテックは、デジタル選考とタレントマネージメントが最近主役になってきています。

日本は新卒の一括採用という、世界的には特殊な選考方法が主流のため、採用側には数千数万という大量のエントリーシートが一度に押し寄せてきます。

そのため選考の効率化とコストダウンが望まれてきました。

それがAIの発達によって実現的となり、AIによる精度の高い選考が自動化できるデジタル選考が登場してきました。

タレントマネージメントは様々な人材データを収集分析し、採用・配属・育成・評価などの意思検定に役立てようという取り組みです。

これもAIによるデータ分析技術の発達に支えられています。

また、現在の日本では人手不足が大きな問題となっています。

企業としても貴重な人材を社外に流出されるわけにはいきません。

そのため離職を食い止めるために機械学習を利用したHRテックもあります。

ある企業では、社員の属性情報と過去半年の勤怠データをもとに、退職した社員のデータを機械学習でモデル化し、退職しそうな社員を指摘します。

指摘があった社員と面談し、その悩みに対応することで離職が防げるようになったとのことです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Warning: Undefined variable $user_ID in /home/kir893489/public_html/wp-content/themes/nano_tcd065/comments.php on line 98

関連記事